Myoridge

マイオリッジについてAbout Myoridge

ご挨拶

明日の世界を拍動させる-Beating Tomorrow-

2006年にiPS細胞が発見されて以来、幹細胞研究の分野は大きな発展を遂げています。このiPS細胞が社会で実用化され人を救うためには、その道中に乗り越えなければならない多くの壁があると考えています。

また、抗がん剤、抗菌薬、鎮痛薬などを代表とする薬剤は心臓への副作用(心毒性)により使用が制限されることがあり、心毒性を含む副作用評価にかかる費用と時間が問題になっております。

iPS細胞の実用化が進めば、今までにない新薬や新しい治療法の開発が可能になることが今大きく期待されています。「細胞」が世界を大きく変える時代が来ると、私たちは確信しています。そしてこの細胞技術の恩恵が、一部の人だけでなくすべての人々へ広まるよう、1歩1歩進んで参りたいと思います。

OUR MISSION私達の任務

質の高い心筋細胞をより広く、より多くの患者さん、
そして、患者さんのために研究している研究者の方々へ届けること。

  • 1
    実際にこの技術が社会の役に立ったという事実を作る。
    (創薬支援細胞)

    創薬支援分野(創薬の加速)でのiPS技術の開発 (毒性、薬効評価疾 開発(毒性、薬効評価疾 患モデル作成)

  • 2
    社会にとって、なくてはならない基盤を支える
    (発展研究用細胞)

    主にアカデミ向け、ティッシュエンジニアリグ、およびその他技術横展開

  • 3
    人の命を救う
    (移植治療用細胞)

    再生医療製品の開発、製造、販売

MEMBERメンバー

  • 代表取締役社長CEO牧田 直大
  • 取締役CTO末田 伸一
  • 技術顧問南 一成
  • 取締役COO足立 峻吾
盛島 真由
社外取締役 Beyond Next Ventures株式会社
木立 宜弘
社外監査役 株式会社ボイズクラフト 代表取締役
伊藤 毅
アドバイザー Beyond Next Ventures株式会社 代表取締役
石田 賢太郎
主任研究員
岡野 怜己
研究員 信州大学 柴研究室