Myoridge

マイオリッジについてAbout Myoridge

事業・技術内容

iPS細胞由来心筋細胞の応用分野

iPS細胞由来心筋細胞の需要は再生医療や創薬などのあらゆる分野で高まっています。現在心疾患は世界の死因一位ですが、治療法である心臓移植や外科手術では高難度、高リスクであること、ドナー不足や免疫拒絶が問題となっており、iPS細胞由来心筋細胞を用いた移植治療法が期待されています。
また、創薬における心臓への安全性試験では、HERG試験、動物試験、臨床試験という流れの中に、このiPS細胞由来心筋細胞を用いた試験を組み込むことができれば、早期に人間の細胞での試験ができるなど多数のメリットが期待されていますし、ドラッグディスカバリー用途や、細胞のメカニズム解明等の基礎研究用としても需要があります。

世界初!国際特許取得済み・独自プロテインフリー分化誘導法

あらゆる分野においてiPS細胞由来心筋細胞の需要は年々高まっていますが、成熟度や薬剤応答性など、様々な問題がiPS細胞由来心筋細胞の実用化やそれに向けた研究を阻んでいます。京都大学で開発されたプロテインフリー法はそれらの問題を解決できる技術となっていると考えます。

高い成熟度・高純度の心筋細胞

また、成熟した心筋細胞を作製することに成功しており、独自の三次元大量培養技術により性質の安定した高純度の心筋細胞を生産することが可能です。
動画は弊社で作製した、約1cmのiPS細胞由来心筋細胞シートです。このように肉眼で観察して、拍動しているのが分かります。拍動が観察しやすいようにフラスコ内で浮遊させています。

▶︎ 更に詳しく

優れた薬剤応答性

弊社の心筋細胞は成熟心筋特有の薬剤応答性を示します。従来は検出が難しかった薬剤応答を検出することができる系となっております。

▶︎ 更に詳しく

生着率の高い心筋細胞

弊社の心筋細胞はラットへの移植実験の結果非常に生着率の高い心筋細胞であることが分かっております。

▶︎ 更に詳しく