Myoridge

お知らせNews

共同研究

2021.07.05赤色蛍光タンパク質型グルコースセンサーの開発のお知らせ

弊社が作製、提供したヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた研究成果といたしまして、東京大学大学院総合文化研究科の坪井貴司教授と三田真理恵日本学術振興会特別研究員、東京工業大学科学技術創成研究院の北口哲也准教授らと共同で、細胞内のグルコース(ブドウ糖)を可視化できる、赤色のグルコースセンサーRed Glifon(Red Glucose indicating fluorescent protein)の開発に成功しました。この研究成果は、2021年6月30日にCell Chemical Biology(オンライン版)に掲載されました。

マイオリッジは、今後もヒトiPS細胞由来心筋細胞に限らず、有用な機能を持つ細胞・培地等の大学等研究機関への提供を通して、細胞関連技術の発展と社会実装に貢献して参ります。

詳細は、下記リンクをご参照の程よろしくお願いいたします。

(2021年7月5日付)マイオリッジ_赤色蛍光タンパク質型グルコースセンサーの開発

 

東京大学HP:

赤色蛍光タンパク質型グルコースセンサーの開発 | 東京大学 (u-tokyo.ac.jp)

 

Cell Chemical Biology(オンライン版:2021年6月30日掲載):

Development of red genetically encoded biosensor for visualization of intracellular glucose dynamics: Cell Chemical Biology