Myoridge

事業内容Business

培地開発・製造プロセス開発支援事業

培地開発支援

再生医療の普及にとって、製造コストは必ず付いて回る問題としてあげられます。製造スケールが上がるにつれて、細胞培養に必須となる培地のコスト、特にサイトカインをはじめとする高価な培地成分が占める割合は、全体の製造コストの大半を占めるほどに膨れ上がることもあります。

 

そこで私たちは、自社で保有する低分子化合物データベース、及び特許出願中の培地成分探索技術により、再生医療等製品を開発する企業様が抱えておられる培地コスト、細胞収量、生物由来原料含有といった課題を解決いたします。

 

これまで、iPS細胞からの心筋細胞分化工程において、培養液に含まれるタンパク質をすべて低分子化合物に置き換えることに成功しており、この技術・経験等を基に、開発企業様の培地開発の支援をさせて頂きます。探索の方法としまして、開発企業様が現在お使いの培地を用いることもあれば、私たちが独自で保有する基礎培地をベースに開発を進める場合もございます。

 

– 対象となる企業様 –

・再生医療等製品を開発されている企業様

 

製造プロセス開発支援

再生医療等製品の開発企業にとって、治療用の細胞数が足りない、製品化できたとしても高コストのため思うように普及しない、細胞加工施設への設備投資が限られている、といった細胞製造に関わる悩みは、「培地」と並ぶ大きな課題となっています。

 

そこで私たちは、細胞生産の機械化を視野に入れた独自のスケールアップ技術、及び装置メーカー様とのアライアンスや協同により、再生医療等製品を開発する企業様が抱えておられる細胞収量や、人件費・設備費等コストの課題を解決いたします。

 

私たちは、細胞培養に関する機械装置を保有・開発する装置メーカー様や培養基材・化学品メーカー様との連携により、開発企業様のみでは困難な製造プロセス開発を、これまで手掛けてまいりました。代表的な実績として、日立製作所と共同で、iPS細胞由来心筋細胞の閉鎖系自動培養化に成功しております。

 

これら技術・経験を基に、開発企業様の細胞に適した手技操作や培養基材・機械装置を用いた製造プロセスの開発を、当社技術者が支援させて頂きます。

 

– 対象となる企業様 –

・再生医療等製品を開発されている企業様