製品・サービス

細胞製品

CarmyA(カーミーエー)

CarmyA (ヒトiPS細胞由来心筋細胞、サルiPS細胞由来心筋細胞)

当社のiPS 細胞由来心筋細胞 CarmyA [カーミーエー] は、独自の化合物によるプロテインフリー分化誘導法で作製された高品質な心筋細胞です。

製品情報

▼横にスクロールしてご覧ください▼

製品名 製品コード 容量 保存区分
CarmyA
(ヒトiPS細胞由来心筋細胞)
H-011106 1.0×10⁶cells/vial 超冷凍
H-011107 1.0×10⁷cells/vial 超冷凍
解凍済みCarmyA
(ヒトiPS細胞由来心筋細胞)
H-013256 2.5×10⁶cells/flask 生細胞
H-013506 5.0×10⁶cells/flask 生細胞
CarmyA-GCaMP
(ヒトiPS細胞由来心筋細胞)
G-011106 1.0×10⁶cells/vial 超冷凍
G-011107 1.0×10⁷cells/vial 超冷凍
解凍済みCarmyA-GCaMP
(ヒトiPS細胞由来心筋細胞)
G-013256 2.5×10⁶cells/flask 生細胞
G-013506 5.0×10⁶cells/flask 生細胞
CarmyA-Monkey
(サルiPS細胞由来心筋細胞)
M-011106 1.0×10⁶cells/vial 超冷凍
CarmyA用
心筋細胞維持用培地
ME-01A00241 40mL 冷凍
CarmyA用
心筋細胞播種用培地キット
(10 mlタイプ)
ME-02A00211 10mL 冷凍

独自のセンサータンパク発現製品ラインナップ

1. GCaMP発現心筋

創薬開発においてはハイスループットな実験系が求められます。また薬剤長期暴露試験の要望も高まっています。カルシウムセンサーであるGCaMPを恒常的に発現した心筋細胞を用いることにより、マルチウェルプレートでカルシウムトランジェントを測定でき、化合物添加後の拍動パターンを解析することができます。細胞は指示薬で染色する必要がないため、非侵襲的に長期観察が可能です。

CaセンタータンパクGCaMP発現心筋のイメージ画像 CaセンタータンパクGCaMP発現心筋

2. MaLion発現心筋

ミトコンドリア内ATPを非侵襲的にライブイメージング可能にするATPセンサー(mito-MaLion)
は東京工業大学 北口博士と東京大学 坪井博士によって開発されました。当社は、このセンサータンパクの有用性に着目し、共同研究によりmito-MaLionを発現する心筋細胞(CarmyA-mito-MaLion)を作製しました。CarmyA-mito-MaLionは、創薬研究や病態メカニズム研究に貢献できると考えています。
心筋細胞以外のmito-MaLionを発現する各種細胞の作製、他センサータンパクの利用についても個別にお問い合わせ頂けますと幸いです。

ATPセンタータンパクMaLion発現心筋のイメージ画像 ATPセンタータンパクMaLion発現心筋

特長

  • 高い心筋純度

    CarmyA は、心筋細胞分化誘導時にサイトカイン、成長因子、動物血清成分等のタンパク質を使わないケミカルディファインド培養であるため、安定した細胞生産が可能になっており、比較的高い心筋純度(>90%)が得られています。

  • 発達した筋繊維

    CarmyA は、浮遊 3 次元培養を採用することにより、2 次元培養の心筋細胞と比べて明瞭なパターンのサルコメア構造を持った心筋細胞が多く、構造的に成熟していることが示唆されています。

    2次元培養の心筋細胞とCarmyAの比較画像
  • 成熟化遺伝子発現

    CarmyA は、薬理応答や膜電位に重要なチャネル遺伝子を発現しており、良好な薬理応答が検出可能です。また、培地の改良により更に成熟マーカ―遺伝子の発現を促進させています。

    成熟マーカ―遺伝子の発現確認グラフ
  • ミトコンドリア活性

    拍動を続ける心筋細胞にとって、ミトコンドリアによるエネルギー供給は重要です。当社が新規開発した培地において、ミトコンドリアのコピー数が増加していることが確認されています。酸素消費量も従来心筋よりも促進されており、ミトコンドリアが活性化した心筋となっております。

    ミトコンドリアの増加数説明画像

    FCCP添加により最大呼吸を測定可能となり、以下よりCarmyAのミトコンドリア活性が高いことが示唆されている。

    CarmyAのミトコンドリア活性図解

参考論文

  • Mita M, Sugawara I, Harada K, Ito M, Takizawa M, Ishida K, Ueda H, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Development of red genetically encoded biosensor for visualization of intracellular glucose dynamics.
    Cell Chem Biol. 2021 Jun 29.
  • Harada K, Chihara T, Hayasaka Y, Mita M, Takizawa M, Ishida K, Arai M, Tsuno S, Matsumoto M, Ishihara T, Ueda H, Kitaguchi T, Tsuboi T.
    Green fluorescent protein-based lactate and pyruvate indicators suitable for biochemical assays and live cell imaging.
    Sci Rep. 2020 Nov 11.
  • Kadota S, Minami I, et al., Development of a reentrant arrhythmia model in human pluripotent stem cell-derived cardiac cell sheets. European Heart Journal. 2013 April 34.
  • Minami I, et al., A small molecule that promotes cardiac differentiation of human pluripotent stem cells under defined, cytokine- and xeno-free conditions. Cell Reports, 2012 Nov 29.