Myoridge

実績例一覧

再生医療における
開発支援の実績例

  • 聴診器とカルテの写真

    再生医療ベンチャー企業

    ユーザー企業が開発する間葉系幹細胞の再生医療応用のための
    培地組成の最適化

    ユーザー企業が保有する細胞の提供を受けて、当社で培地組成を考案、増殖性、表面マーカー発現を指標に1次スクリーニングを行い、2次スクリーニングで機能性を評価して、培地候補を選択した。選択した培地についてユーザー側で培養実験を行い、再現性を確認した。再現性確認後、成功した培地について組成を開示した。

  • 丸底フラスコの写真

    化学メーカー

    培地成分としての開発品(サイトカイン、低分子、ペプチド等)の各種標的依存性細胞株を用いた活性評価

    ユーザー企業が開発する培地成分について、それぞれの標的に依存して増殖する細胞に対する細胞増殖活性を評価(1次スクリーニング)した。既存品や市販品と比較して、一次スクリーニングで活性が高い場合は細胞の機能面を評価(2次スクリーニング)し、データを蓄積した。

  • 棚の写真

    機器メーカー

    iPS細胞の培養プロトコール検討及び分化誘導プロトコール
    検討による大量培養装置の開発支援

    ユーザー企業が開発する大量培養装置を用いてiPS細胞の培養プロトコールの検討を行った。培地中の各パラメータをモニタリングしながら、培地交換のタイミングや継代の方法など、装置の開発方向性や培養プロトコール作成を支援した。
    開発支援として、事業化を推進するサポートも行う。

その他の事例

in vitroモデル
開発支援における実績例

  • 聴診器とカルテの写真

    製薬企業

    iPS細胞由来心筋細胞による心不全モデルの構築

    iPS細胞由来心筋細胞を用いた参考論文の再現実験を行い、ポジコンとなる薬剤の反応性を評価した。論文の再現を確認後、ゲノム編集により関連遺伝子を欠損させたiPS細胞から心筋細胞へ分化誘導した疾患モデルの構築を検討した。

  • 丸底フラスコの写真

    製薬企業

    ゲノム編集iPS細胞を用いた心筋分化誘導

    ユーザー企業が保有するiPS細胞の提供を受けて、心筋細胞への分化誘導を以下の手順で実施した。①分化指向性の確認、②分化誘導細胞の収率及び薬剤応答性の確認、③分化誘導心筋細胞の生産

  • 棚の写真

    創薬ベンチャー企業

    ミトコンドリアATPセンサー導入細胞の開発及びミトコン
    ドリアを標的とした薬剤スクリーニング評価法の構築

    ユーザー企業が保有するiPS細胞の提供を受けて、ミトコンドリアATPセンサー(mito-MaLion)のiPS細胞へ導入した。安定発現株の選択後、心筋細胞へ分化誘導し、凍結ストックを作製した。心筋細胞を各種条件で培養し、ミトコンドリア活性の評価条件を検討した。

その他の事例

培地開発

細胞腫 評価
iPSC由来心筋細胞 低分子による完全プロテインフリー培地を達成、心筋純度の向上
iPS細胞 増殖性、接着性を向上させた低コスト培地を開発
間葉系
幹細胞
(骨髄、脂肪、臍帯)
血清フリーで、細胞の老化を抑制し高い増殖性と低コスト化を達成
T細胞
(株化細胞、PBMC由来)
CD4/CD8を制御できる培地で、Tregやステムセルメモリーマーカーを向上、血清フリー
Car-T細胞 Car遺伝子の導入後の細胞生存率上昇、ステムセルメモリーマーカーの向上、血清フリー
抗体産生細胞(B細胞) ヒト・マウス両者において、血清フリーを達成、同等増殖性
血管内皮細胞 市販の培地と比べて低コスト(1/2以下)、同等以上(1.2倍〜)の増殖性
がん細胞 市販の培地と比べて低コスト(1/2以下)、同等以上(1.2倍〜)の増殖性、血清フリーを達成
血液関連細胞 血清フリーを達成、市販培地と比べて同等の増殖性
線維芽細胞 血清フリーかつ市販培地と比べて同等以上(2倍~)の増殖性、細胞シート化用に開発
C2C12細胞
(マウス筋芽細胞)
培養肉細胞のモデル細胞の一つ、高い増殖性、血清フリー、低コスト(1/2以下)、筋細胞分化効率向上

上に戻る