事業内容

細胞培養の独自ノウハウ及び知財をもとに、
細胞製品・培地の販売、
培地開発支援サービス、その他基材・操作法・装置等の
全工程俯瞰型の開発支援サービスを行っています。

製品販売

iPS 細胞由来心筋細胞 CarmyA [カーミーエー]、
及びオリジナル培地の販売を行っています。

培地開発

培地開発サービス

私たちは、自社で保有する低分子化合物や培地成分のデータベース、及び培地成分探索技術等の特許技術・ノウハウを活用して、再生医療等製品・バイオ医薬品・培養食品の開発企業様が抱える培地コスト、細胞収量、生物由来原料の含有といった課題を解決するための培地開発サービスを提供しています。
培地成分の選定では勿論コストだけではなく、得られる細胞収量・質も重要になってきます。求められる品質の細胞が生産できなければ、そもそも製品として成り立ちませんし、最終製品としての細胞収量が不十分だと患者さんへの投与量が確保できない場合も考えられます。収量が少ないと、単位収量当たりの製造コストも上がってきます。

オリジナル培地を基にした培地開発

お客様が使用されている培地を基に、当社の研究員が自社ラボにて培地開発スクリーニングを実施します。
その際、販売中の当社オリジナル培地 [製品:Basal Medium for Custom-order, Ex-1(増殖細胞用基礎培地)等]を基にして、適切な培地成分の追加又は削減による培地スクリーニングを実施することも可能です。

コア技術:プロテインフリー技術

1つの成果としてiPS細胞からの心筋細胞分化工程において、培養液に含まれるタンパク質をすべて低分子化合物に置き換えることで、培地コストの大幅な削減(約1/100)に成功いたしました。
当社コア技術の一つであるこのプロテインフリー技術は、iPS細胞や心筋細胞といった特定の細胞種に限らず、他の再生医療等製品への開発にも応用できる技術です。(京都大学で発明)

人工知能(AI)システムの活用

2021年より、これまで蓄積してきた培地成分の知識や評価指標に関する情報、膨大な細胞培養スクリーニング結果のデータを学習させ、効率的・効果的に培地成分の組み合わせパターンを導き出すAIシステムの開発に取り組んでいます。

これまで成果物を納品した実際の事例

  • サイトカイン等のタンパク成分の不使用、又は使用量低減(具体例:血清、FGF-2、インスリン、トランスフェリン、アルブミンについて実績あり)
  • 上記改良を含む、細胞増殖・発現マーカー等の同等性を維持した培地成分の各種変更

技術導出

再生医療等製品用のiPS細胞由来心筋細胞製造方法・凍結法・心筋細胞大量培養法、iPS細胞・間葉系幹細胞の大量培養技術等のライセンスアウト

マイオリッジの心筋細胞は、動物由来タンパク質を使わないプロテインフリー条件で分化誘導しており、心筋純度が高いため、感染リスクやガン化リスクが低く、移植用細胞としても適していると考えられます。
他グループで発表されている移植評価結果と比べても、生着率が非常に高く、高密度の移植ヒト心筋が梗塞領域をほぼ置換できています。
その他にも、心筋細胞については独自の凍結法や大量培養方法に関する知財を有しております。
また、iPS細胞・間葉系幹細胞の大量培養についても、基盤技術として導出可能な技術を保有しております。
ライセンス対象となる技術の詳細につきましては、個別にお問い合わせ頂けますと幸いです。

共同開発

手技での操作法又は装置を用いた製造プロセス開発サービス、
新規培地成分の性能探索・新規基材の評価等の共同研究又は開発支援サービス